採用TOP採用スケジュール募集要項会社説明会
学生の皆様へ当社におけるキャリアステップ教育・研修制度
学生の皆様へ

学生の皆様へ

変わる環境 変わらぬ想い

当社は、創業者である石川郁二郎が、当時戦争で窮乏していた日本人の栄養不足改善を目指して、栄養価の高いピーナッツバター事業を興したことに始まりました。安全、安心、高品質でお客さまに愛されてきた超ロングセラーのファミリーカップシリーズをはじめ、パン・和洋菓子の商品価値を高めるフィリングを開発、提供することで、1942年の創業以来、お客さまの健康で豊かな食生活に貢献してまいりました。

 近年、当社の関係する製菓製パン業界を取り巻く環境は、アジアを中心とした新興国の発展による原材料の高騰、消費者の節約・低価格志向などにより大きく変化し、日本の食品業界は例外なく世界との競争の時代を迎えています。日本の成長と共に発展してきた当社は、この経営環境の変化に対応し、持続的な成長を進めていくために、経営陣及び従業員が一丸となって抜本的な経営改革を進めています。

新たな価値の創出を目指して

 企業理念である「人と技術の力で世界の人々の健康と豊かな食文化の発展に貢献する」ため、自覚、自立、自発の元にイノベーションを起こし、新しい世界の市場、新しいニーズに向け、新しい商品を生み出していくことで、今一度メーカの原点に立ち戻ることを目指しています。現在は会社組織や制度の再整備、アジア圏をはじめとした海外市場への進出、M&Aによる事業拡大など、ソントンの未来を見据えた大きな改革に着手しています。海外での事業展開では、2013年海外事業部の発足から始まり、2014年には子会社「PT SONTON FOOD INDONESIA」、「東陽トレーディング㈱」を設立。インドネシアの首都ジャカルタ市から40キロほど離れたリッポー・チカランという工業団地に建設した工場は、2016年3月に本格稼働し、現在は販路拡大に向けて営業活動を強化し、取り組んでおります。また、M&Aによる事業拡大では、製菓製パン業界のみに留まらない多角的な事業展開を推進することで、食の総合産業企業へと生まれ変わろうとしています。

若い力とチャレンジがソントンの未来を創る

 このような大きな変革の中で当社に入社して頂く皆さんに期待しているのは、これからのソントンを創るための「既存の枠組みにとらわれない自発的で積極的なチャレンジ」です。リスクのない現状維持に徹するのではなく、新しい時代に向かって自らの手でマーケットを切り拓いていけるような若い人材が、これからのソントンを創っていくと期待しています。
 皆さんがこれまでに経験した様々な人とのふれあいや本気で打ち込んだこと、その経験から皆さんが何を学んだのか、そこから得た皆さんそれぞれの感性や魅力を活かして当社でどのようなチャレンジがしたいのかを我々に伝えてください。
 新しい世界の市場、新しいニーズ、新しい商品…皆さんがやりがいを持ってチャレンジできるステージがこれからのソントンには溢れています。皆さんと共にソントンの未来を切り拓いていくことを楽しみに、皆さんのチャレンジをお待ちしております。

ソントン食品工業株式会社
代表取締役会長 石川 紳一郎